ヴェルクでは、設立以来、受託開発と自社サービス(boardPatto)の両立に取り組んでいます。

受託開発と自社サービスは、必要とされるスキルやマインドが異なるため両立は非常に難しいのですが、相互にプラスになるメリットがあるためこの取り組みを続けています。

受託開発と自社サービスで必要なスキル・マインドの違い

受託開発と自社サービスでは必要となるスキルが大きく異なります。

受託開発の場合、基本的にはお客様が要件を提示し、最終的な意思決定を行います。
もちろん、弊社は、単に言われたことを開発するだけのスタンスではなく、要件定義段階から積極的にお手伝いしていますが、やはり事業自体を自分たちで行っているわけではないため、最終的にはお客様が軸になります。

そのため、ゼロから要件を出すよりも、出された要件を素早く理解し、システムに落とし込むための整理をしていくためのスキルが必要になります。

一方、自社サービスの場合、システムそのものもそうですし、1つ1つの機能の要件をゼロから考えていく必要があります。また、当然、それのビジネスモデルやマーケティングなど、事業を成長させるための開発以外の部分も自分たちで考えていかなければなりません。

また、スケジュールや細かい仕様についても、受託開発の場合は、契約内容にもよりますが、決められた仕様を決められたスケジュールで納品するということが基本となります。
自社サービスの場合は、自分たちでやりながら調整していくことができるため、きっちりと決められたスケジュール通りに進めることも大事ですが、リリースと改善のバランスは自分たちで調整することができますので、継続開発・改善の力やバランス感覚が必要になります。

このように、進め方・制約・求められるものが異なるため、どちらで仕事をしてきたかで、身につくスキルが異なりますが、それぞれの経験・スキルは相互にプラスに働くと考えています。

自社サービス→受託開発のプラスの効果

自社サービスの経験は、単にシステムの開発だけでなく、操作性の改善やビジネス的な観点など、実際に自分たちで試行錯誤した結果を受託開発の中で活かすことができます。

実際、boardを見て受託開発のご依頼を依頼頂いたお客様とは、サービス開発の進め方、操作性、サポート体制など多岐に渡ってディスカッションし、boardで得た知見を積極的に共有しています。

特に弊社のように少ない人数で自社サービスを開発・運営していると、
・スモールスタートに対するバランス
・要件の取捨選択や優先順位付け
・サポートコストを下げる操作性・わかりやすさ
などについて、かなり力を入れて取り組んでいます。

システムの開発をご依頼頂くお客様は、何かしらの事業を始めようとしているケースが多いです。そのため、弊社のこういった経験は、お客様にとっても参考になることが多いため、必要とされれば基本的には全て共有しています。

また、例えば、セキュリティ対策に不安を感じている方も多いですが、boardではセキュリティに対してかなり力を入れているため、これについて助言を求められることも多いです。
参考:boardのセキュリティ対策

弊社はセキュリティの専門ではありませんが、boardでのセキュリティ対策で検討したこと、なぜ今のような対策になっているかなど、費用対効果のバランスを踏まえてお伝えしています。セキュリティの製品を売っているわけではないので、フラットで現実的な議論ができると好評です。

受託開発→自社サービスのプラスの効果

一方受託開発では、自社サービスでは発生しないような要件や様々な業界の方と仕事をすることで、自分たちの世界だけでは考えつかないようなことに触れる機会が多くなり、エンジニアとしてもそれ以外の部分においても、引き出しが増え、その知見がサービス開発にプラスになることが多々あります。
例えばboardのような業務系のシステムの場合、業務系特有の要件や設計、運用上の課題などもあり、これらは長く業務システムに携わってこないとなかなかわからないものも多いです。また、様々な業界の業務を見ていることも非常に重要になりますが、受託開発はこういった経験を数多くできます。

技術的な要件についても、自社サービスだと範囲が限定されてしまいがちですが、受託開発の場合は、様々な要件があり、それぞれのプロジェクトで技術的に難易度が高い課題があったりします。こういう経験は、エンジニアとしての成長に繋がり、結果として、お客様へより高い付加価値を提供できるようになります。

経営の安定化としての役割

受託開発と自社サービスの両立は、経営の安定化としての役割もあります。
受託開発は、ある程度まとまった売上が立ちますが、一般的にシステム開発の場合は納品後に請求なので、入金までの期間が長くなり、キャッシュフローが悪化します。

実は、受託開発と自社サービスの両立の取り組みは、この入金の波を軽減するために、「月額で入ってくるお金を増やし売上の座布団にする」というのが最初の目的でした。

自社サービスのみに舵を切らなかったのは、月額モデルのサービスは、どうしても売上が上がるスピードが遅く、資金調達をしているわけではないので、それのみでやっていけるほどの体力はなかったので、両立という道を選びました。

最近、boardの個別相談会に来る方に、「小さい会社がやっているサービスは継続が不安」と言われることがあるのですが、経営という点では、自社サービスだけではなく受託開発もやっているので、だいぶ安定していると思いますのでご安心頂けたらと思います。

まとめ

このように、それぞれプラスに作用することがあり、社員としても会社としても成長することができます。
また、経営が安定しているということは、社員やお客様にとっても非常に重要な要素です。

そういった背景から、ヴェルクでは、この両立の取り組みを続けています。

なお、この受託開発と自社サービスの両立について、細かい取り組みやうまく行かなかったことなどを代表の田向のブログで多く書いていますので、興味がありましたら、ぜひご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加